名古屋市を中心に愛知県内で相続手続きをお急ぎなら、あいち相続手続き相談室(行政書士石川法務事務所)

ネットからのお問い合わせはこちら
グローバルナビゲーション

父の再婚と相続について

父が再婚することになりました。私を含め、他の兄弟も再婚には賛成しているのですが、今後、父が先に他界したら… と考えると不安になってきました。

父が他界したら、再婚相手と私たちで半分ずつ相続することになりますが、その後、再婚相手が他界した場合、再婚相手が相続した分は誰が相続するのでしょうか?

私たちは相続できるのでしょうか?それとも、再婚相手の親族が相続するのでしょうか?もし再婚相手の親族が相続するなら、それを阻止する方法はないのでしょうか?

お答えいたします

法律上、後妻(お父様の再婚相手)と前妻の子(相談者様および相談者様のご兄弟)との間に親子関係は生じません。戸籍上、同じ戸籍に記載されることはありますが法的には赤の他人です。

したがいまして、お父様が他界し、続けて後妻が他界した場合、相談者様は後妻の遺産を相続できません。つまり、後妻がお父様から相続した財産は後妻の相続人が相続することになります。

お父様と後妻との間にお子様が生まれれば、そのお子様が後妻が相続した分を相続し、お子様が生まれなければ、次の順位の相続人(後妻の直系尊属(父母や祖父母など)、直系尊属がいなければ兄弟姉妹)に相続権が移り、相談者様は相続できないことになります。

そのような事態を避けるには、次の選択肢が考えられます。

  1. お父様に遺言書を書いてもらう
  2. 後妻に遺言書を書いてもらう
  3. 後妻と養子縁組する

1.は、相談者様へ大部分の財産を相続させる内容の遺言を書いてもらうという方法です(ただし、遺言の内容によっては後妻の遺留分を侵害する場合があります)。

2.は、相談者様へ財産を遺贈する内容の遺言を後妻に書いてもらうという方法です(後妻がそれに応じてくれるかは不明です)。

3.は、相談者様と後妻とで養子縁組をするという方法です。養子縁組をすることで法律上の親子関係が生じます。その結果、相談者様が第一順位の相続人となり、後妻の財産を相続できます。

以上を参考に、皆様で話し合われてみてはいかがでしょうか。

ご相談・お問い合わせ